(一財)たくろう未来基金

  当財団は平成28年5月6日に設立致しました。

設立趣旨は、日本古来からの武道である剣道を通して、少年・少女達の健全な育成に少しでもお役に立てればとの思いと、剣道普及の為です。

剣道の指導機関である各種教室や学校へ剣道具等の贈呈を通して、子供達の心技体の鍛錬と剣道の普及や啓蒙を図って参ります。

「たくろう未来基金」のたくろうとは、土田茂博の二男 拓朗の名前です。

平成8年12月 拓朗は10歳(当時 柏崎市立比角小学校4年)で他界致しました。

 今まで拓朗がしたかった事、出来なかった事などささやかな思いを剣道を通して広くみらいを担う子供達に今後少しでもお役に立っていきたいと願っています。     

 活動報告(第2期 平成29年5月1日~平成30年4月30日)

活動報告

財団2期目は、「少年と剣道」のスライドも完成し竹刀の寄贈と併せて上映して参りました。

 まずは、地元柏崎の剣士会の少年・少女、指導者、父兄が観賞。

その後は以下の中学校に訪問しました。


平成30年2月20日  上越市立浦川原中学校様(スライドのみ上映)

平成30年2月21日  魚沼市立湯之谷中学校様(竹刀寄贈とスライド上映)

            長岡市立北辰中学校様(竹刀寄贈とスライド上映)


全校生徒が真剣な眼差しでスライドを鑑賞、物語りに耳を傾けてくれました。

今後も日本古来からの武道である「剣道の精神」、そして生命の大切さを更に訴えかけて参ります。

なお、各中学校の地元新聞社が、当日取材、新聞に掲載して頂きました。


活動3期目は、「少年と剣道」の書籍化を進めます。

完成しましたら紹介させて頂きます。     

 活動報告(第1期 平成28年5月6日~平成29年4月30日)

活動報告

  財団の最初の活動として、4月5日に保健体育の授業で剣道を取り入れている中学校3校(柏崎市立松浜中学校様、上越市立城北中学校様、上越市立浦川原中学校様)及び、柏崎剣道連盟に所属する剣士会3団体(若葉剣士会様、荒浜剣士会様、潮風クラブ様)に竹刀を贈呈して参りました。

 贈呈総数は100本です。

 心身ともに健康な少年・少女に成長することを願っています。           

活動報告

竹刀を贈呈させていただきました、上越市立城北中学校様のホームページにご紹いただきました。