木原社会保険労務士事務所

   社会保険労務士の木原です

 労働保険・社会保険関係の手続き、いわゆる1号業務はもちろんのこと、労務管理に関する幅広いご相談のお手伝いをさせて頂きます。

昨今、人の管理に関する問題は増々複雑化する傾向にあります。

それに伴い様々なトラブルも多発しております。

会社を守るという視点に立った規程の整備や仕組み作りは必須の課題と言えます。

また、関係法令等も目まぐるしく変化、改正を繰り返しております。

よりスピーディな情報提供サービスと的確なアドバイスを心がけておりますので、労務でお困りの際は、是非お声をかけて下さい。       

新着トピックス・最新情報

   最新健康保険料率  3月改定になりました。

 ↑ここをクリックして下さい

  最新雇用保険料率  4月改定になりました。

 ↑ここをクリックして下さい      

木原社労士の今月のつぶやき

   先日、新潟労働局より新潟県社会保険労務士会を通じて「配偶者手当」の在り方の検討に関し考慮すべき事項の周知依頼がありました。ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、この「配偶者手当」税制、社会保障制度とともに、女性労働者の「就業調整」の要因となっていると指摘されています。いわゆる103万円、130万円の壁というやつです。

そこで政府としては、女性がもっと活躍できる働きやすい制度や環境を整え、労働力人口の減少にも対応できる社会の形成に向けて、就業調整につながる配偶者手当(配偶者の収入要件がある配偶者手当)の見直しを促したいと考えているようです。

配偶者手当の見直しにあたって注意すべき点は以下のとおりです。


  1. ニーズの把握等従業員の納得性を高める取組

  2. 労使の丁寧な話し合い・合意

  3. 賃金原子総額の維持

  4. 必要な経過措置

  5. 決定後の新制度についての丁寧な説明